ドラムでダンス部

drumdedance.com

ドラムでダンス部
Let's dance on the drums!

詳細はこちらdrumdedance.com

プロドラマーの演奏で一緒に躍りませんか?

思いっきり身体を動かしたい! でも、決まった振り付けのあるダンスや限られた動きしかないスポーツはなんだか窮屈に感じる……。そんなアナタに!プロドラマーによる即興演奏の音を感じるままに身体を自由に動かしてみませんか? 振り付けがないので、上手下手はありません。うまく躍る必要も、ダンスの経験も必要ありません。自由に身体を動かすことで、頭を使いすぎてモヤモヤしていてもスッキリするだけでなく、新たなアイディアもどんどん湧いてくるようになります。2ヶ月に1回定期的に京都で生ドラムで躍るイベントを開催しています。興味のある方はぜひ一緒に躍りませんか?

ダンスの効能に注目が集まっている!?

オックスフォード大学の研究によると、全身で踊ることで、多幸感をもたらす脳内麻薬「エンドルフィン」が多量に分泌され、それによってストレスを和らげ精神的に健康をもたらすということ、人と一緒に踊ることで社会的連帯感を高めることなどがわかっています。また、即興で躍ることを繰り返していくことで、日常生活において、なにか思い通りにいかないときや失敗したときに、しなやかに柔軟に「対応する能力」を養うことにも繋がります。

心身のパフォーマンスの大幅アップも?

やることが多すぎたり気を遣うことが多すぎたり、私たちは、いつも緊張を強いられる環境で暮らしています。躍ることで身体から緊張が抜け、脱力することで免疫力など身体がもつ機能を活性化させるだけでなく、頭のなかのモヤモヤをスッキリさせることができると注目され始めています。ノーベル賞を受賞する学者のうち、ダンスをしている人はそうでない人の22倍もの受賞率であるという研究があるように、躍ることで発想力や実行力が変わってきます。

 

ゲストドラマー

Hide
19歳頃よりドラムを始め、その後アン・ミュージックスクールにて堀尾哲二氏にBlues&Funkを師事。卒業後は付き人として数多くのプロの現場に触れる。その後「The Creator’s Convention」「50APE」などのファンクバンドをしつつ、アニメ歌手のツアーサポートなど数多くの演奏をする。現在はバンド活動他、ダウン症の子ども達との直感ダンスチーム「オラポポ-orapopo-」その他セッション・ドラム講師など多岐にわたり活動中。 プレイはFunk、心はMetal、音楽性はnoise。

イベント情報